B型肝炎について

B型肝炎という病気は、肝臓の病気です。
B型肝炎ウイルスに感染することによって発病します。
感染は、血液や体液によって行われるので、普通に生活している状態ではあまり感染しませんが、母親がB型肝炎の場合、その胎児は出産時に感染することが多く、また、自分でピアスの穴を開けたり、カミソリや歯ブラシの使い回しをしたりすることで感染してしまうケースが多くなっています。
以前は、予防接種を行う際に、1つの注射器を数人に使い回していたために、B型肝炎に感染してしまう人が多発しましたが、現在では注射器の使い回しは禁止されていて、予防接種によりB型肝炎に感染する人はいなくなりました。

しかし、覚せい剤の注射器を使い回ししたり、刺青を入れる時の針の使い回しをすることによって、感染する人が現在でもいて問題になっています。
外国から違う種類のB型ウイルスが日本に入ってきていることもあって、注射器や針の使い回しは止めるように呼びかけが行われています。

B型肝炎は何が恐ろしいかというと、慢性化しやすく、慢性化すると肝硬変やガンになりやすくなるからです。
全てのB型肝炎患者が肝硬変やガンになるわけではありませんが、肝臓がんになった人の多くはB型肝炎の持病がある人なので、ガン予防のためにB型肝炎ウイルスに感染しないように、病院などでは徹底した衛生の強化が行われています。

それでも日本ではB型肝炎ウイルスに感染する人がいますが、それは、自分がB型肝炎に感染していると気が付かずに、行動してしまうからです。
どうして、B型肝炎に感染していると気が付かないのでしょうか?当サイトでは、その理由などについて説明していますので、どうぞ参考にしてください。



≪外部リンク≫
B型肝炎ウイルスに感染した人が受け取れる給付金について請求手続きなどアドバイスをくれるサイトです ⇒ B型肝炎の給付金